【速報】4/20よりドイツバイエルン州のコロナの規制措置が緩和。

ドイツ
この記事は約5分で読めます。

ドイツでは、コロナウイルス感染拡大防止策として現在施行されている各州の外出制限措置が緩和されるが決まりました。

4月15日、ドイツのメルケル首相のよって措置の緩和の発表がありました。
現在実施されている制限措置について、ドイツ連邦政府と各州政府の間の合意事項に基づいたものです。
合意内容については、在ドイツ日本国大使館ホームページに日本語訳が掲載されています。

続いて、バイエルン州に関しても具体的な措置が公表されました。

この記事では、ドイツ・バイエルン州の外出制限の緩和について、わかりやすく解説していきます。
バイエルン州の法措置緩和については、バイエルン州のプレスリリースをご参照ください。(ドイツ語)

スポンサーリンク

ドイツ・バイエルン州の外出制限の緩和について

外出制限中のドイツの街の様子

緩和開始はいつから?いつまで外出制限?

今回の外出制限等の措置の緩和は、4月20日から適用です。

バイエルン州で現在行われている外出制限の措置は、4月19日までとされていましたが、5月3日まで延長されることになりました。
参考:新型コロナウイルスの影響|ドイツ・バイエルン州の外出制限3/20

措置の緩和でどう変わる?

外出制限について

5月3日まで外出制限は適用されますが、ほんの少しだけ緩くなりました。

スポーツや運動のために外出する際個人または家族とのみ許されていましたが、家族でない人も1名だけなら同行しても良いことになりました。
ということは、友達と1対1で散歩に出かけるのOKということですね。

依然、家で知人と会うのもNGです。

お店の再開について

ラーメンのテイクアウト


入場人数の規制(20平米あたり1名)のもと、順次お店の営業再開が認められています。
お店を訪れる際は、来客はマスク着用の指示を守らねばなりません。

外出制限中の現在(3月21日〜4月19日)は、スーパーマーケット、薬局、ドラッグストア、ガソリンスタンド、郵便局など、生活必需品をサービスとするお店のみの営業が許されていました。


今回の措置緩和では、次のようになります。

  • 4月20日〜 ホームセンター、園芸店
  • 4月27日〜 売り場面積800m2以下のすべての店舗(同時に来店者は40人まで)
            ※自動車ディーラー・自転車販売店・書籍展は、売り場面積に関わらない。
  • (予定)5月4日〜  理髪店(変更可能性有り)
  • 飲食店については、これまでと同じように持ち帰りの販売のみ。
  • ホテルは、職業上止むを得ない宿泊者のみ受入可能。

飲食店やホテルは、まだまだ厳しい局面が続きますね・・・。
  

イベントや集会

引き続き、イベントや宗教的な集まりは禁止されたままです。
大型イベントについては、少なくとも8月31日まで禁止。

キノコ
キノコ

今年はオクトーバーフェスト、なさそうだね。

4、学校、保育所の再開

4月27日より卒業試験や進学試験を控える学年のみ、準備のための授業が再開されます。
その他の学年は、引き続きお休みです。

全授業の再開については、学校での衛生措置などが明確にされてからとなります。
4月29日までにそれらが決定され、5月11日からは授業が再開できることを目標としています。
 

キノコ
キノコ

小学生のお母さんたちは、そろそろストレス限界だろうな〜

緊急託児所は現行のままですが、4月27日からは緊急託児所はさらに拡大されます。

大学の授業は、4月20日よりオンラインで実施。
図書館は4月27日より再開しても良いこととなりました。

5、医療、介護・高齢者施設の訪問について

医療や、介護施設、高齢者施設への入場、訪問についてはは引き続き禁止。
しかし、危篤者に近親者が付き添うことは認められています。



2020年4月24日追記:マスクの着用が義務化となりました。
詳細はコチラ!→【ドイツコロナ速報】バイエルン州マスク着用が義務化。子供?罰金は?

緩和を決断した背景とは

現在のドイツのコロナウイルス感染者数は、138,221人です。(2020年4月17日現在)

規制を緩和しちゃって大丈夫なのかな。。


もう規制を緩和しちゃっていいのかな、、って思いますよね。


ドイツでは未だ日々感染者は出ていますが、新たな感染者数は緩やかにブレーキがかかってきています。

国としても、このまま経済活動を止め続けては破綻しちゃいますよね。
コロナウイルスの完全な死滅を目標とせず、感染を抑えながらも少しずつ経済活動を再開できるように協議されていたようです。
集中治療用のベッドの増床も進み、医療崩壊に陥るリスクはひとまず低下したと判断され、少しずつ正常運転に戻れるように努力されています。

緩和をしてまた感染者数が増えては元も子もないので、今回のような段階的に緩やかな制限の解除となりました。
参考記事:日本経済新聞「ドイツ、コロナ規制を緩和 店舗再開

最後に

もちろんコロナウイルスの完全死滅を願いますが、ここで経済が破綻させてしまってはいけない。

制限措置をとっている間にコロナと対抗できる力を少しずつ確実に備えて、コロナを受け入れつつそれではどう対応していくかという方向に即座に舵を切った政府の判断は、素晴らしいなと思います。

緩和されたからといって勝手な行動に出るのではなく、個人個人が感染拡大を止めるよう引き続き意識し行動していかなければいけません。

こちらの記事でも書きましたが、人的不注意による不慮の事故で病院のお世話になり、今このコロナで大変な時期に病院に迷惑をかけないように十分に注意しましょう。
関連記事→ドイツバイエルン州外出制限中。やっていいスポーツダメなスポーツ。


こちらの記事も読まれています!

外出自粛中の過ごし方。家の自転車でできる運動不足とストレス解消法

縫わないマスクの作り方。ドイツで今営業しているお店で材料を探す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました