ドイツの市場にマスクが戻らない理由と、感染者数が増えた理由を考察

ドイツで感染拡大した理由とマスクをしていない理由ドイツ
この記事は約6分で読めます。

今は品薄ですが、通常日本では当たり前のようにどこでもマスクが売られています。
ところが、ドイツに住んでいるとパタリとマスクを見かけません。

コロナで異常な事態になった今でも、全くもってマスクが売られているのを見かけません。

売られていないから、つけるマスクもない・・・
その通りです。
なければ、作ってしまえばいいのですが。
縫わないマスクの作り方。ドイツで今営業しているお店で材料を探す。

・なんでドイツでは、いつになってもマスクが入荷されないの?

ドイツのマスク事情はどうなってるの?


この疑問にお答えします。


そしてもう一つ。

なぜドイツ(特にケルンとバイエルン州・バーデン=ヴュルテンベル州)にコロナの感染者数が増えたのか


この理由に関しても、考察してみます。

コロナで外出制限中のドイツバイエルン州より街の様子をお伝えします

スポンサーリンク

ドイツで私はマスク売り場を見たことがない!


コロナの騒ぎになる以前は、そもそも気にかけたことがなかったのでマスクが市場で売られているのを見たことがありませんでした。
日本のように【探さなくても大体どこでも売ってる・ドラッグストアやコンビニに行けば目につく】というほどドイツではメジャーなものでなかったということです。

予防のためにマスクをする人がいないので、日常の消耗品としてそこいらで売られていないのです。

『そういえば、マスクってどこで売ってるんだろう。』
『薬局?ドラッグストア?何コーナー?』

そんな程度にふんわりと思っていました。

とはいえ以前マスクは、あるっちゃあった。


フリー素材から持ってきた写真、なぜか中国の新聞がバックですが・・・。

薬局に買いに行けば、コロナ前はこいう本気のものが手に入ったそうです。
これは普通の使い捨てマスクよりも、圧倒的にすごいらしいです。
どうすごいのか分からなくて、すみません(^^;

とにかくコロナ以前にドイツでマスクを買う人の本気度、というか深刻度が伺えます。


ドイツにマスクがない理由。

日常的にマスクを必要としていないドイツの人たちなので、そもそもマスクの一般市場への流通はかなり少ないようです。

そもそもドイツ国内では、製造していないそうです。


だからこのコロナ危機の中、「トイレットペーパーのように物流が落ち着いたらまた市場に戻ってくるものか」と思いきや、ぜっんぜん!!


マスクの供給は、医療現場を最優先にしなければいけない。
そして、スーパーマーケットや薬局などの現場で働いている人たちにも配られなければいけません。
なので、市場には全然出回っていません。


(だから、「こんなにコロナが深刻なのにあいつらまだマスクしてない〜!」なんて責めないで〜!)
→なのでドイツの皆さん・欧米諸国の皆さん、衛生面も考慮した布マスクを手作りしましょう!
 

 

コロナがドイツで急速に広がった理由

マスクが一般にわずかしか流通していない

欧米では、【マスクをしている人=菌を持っている人・すでに病気にかかっている人】という認識だということはよく言われています。
なので、コロナが外出制限が発令されるほどドイツで深刻になるまでは、日常生活で誰もマスクをしていませんでした。

それが、欧州で急速にコロナが拡大した一番の理由でしょう。

ヨーロッパ各地から人が集まるイベントが開催

そして、ドイツの感染者数マップを見るとわかることがあります。
ケルンのあるノルトライン=ヴェストファーレン州とアルプス山脈のあるバイエルン州バーデン=ヴュルテンベル州に感染者数の分布が集中しています。
この3つの地域でコロナの感染者数が増えた理由について、考察してみます。

ケルン


コロナがポツポツとヨーロッパでも意識され始めた頃、ドイツ最大のカーニバルと言われる【ケルン・カーニバル(Carnival in Cologne)】が2020年2月20日から1週間にわたり派手に開催されました。
ドイツ三大カーニバル「ケルン・カーニバル」リンク元:Risvel

このケルンのカーニバルは若者に大変人気のイベントで、ヨーロッパ各地からお祭り騒ぎしたい若者たちが集まり今年もフィーバーした様です。

スポンサーリンク

バイエルン州・バーデン=ヴュルテンベル州


バイエルン州・バーデン=ヴュルテンベル州は、アルプス山脈に面していて有名なスキーエリアが点在しています。
ここで有名なのは、ゲレンデでスキーやスノーボードを楽しむだけではなく、ゲレンデの言わば”山小屋”に宿泊して夜な夜なパーティーを楽しむということ。

このパーティーが、夜中から朝方にかけて連日連夜大盛り上がり!
この絶対楽しいイベントを目的にこれまたヨーロッパ中から若者が集まって、パーティー三昧するわけです。


上の写真は、2019年に私が実際に行った時の様子です。
私は山で一泊しなかったため昼間の写真なので、まだ盛り上がりが足りない感じですが・・・。


結論:ドイツにコロナが感染拡大した原因は、パーティーとマスクのせいだった!

こうして国境を越えてコロナに感染しているかどうかも分からない人たちがワンサカ集まって、人が押し合いはっちゃけ合うイベントが行われ、また各地各国に分散し帰っていった・・・。

お祭り騒ぎに集まるのは、大半が若者。
人々の意識を変えるのに一番時間がかかるのは、こうやって集まって ”イエーーイ!” ってやってる若者が大半ではないでしょうか。

どこからか誰かが持ってきて、一気に繁殖させて、帰って行った・・・。


以上のことから、お祭りやパーティーが行われた【ケルンのあるノルトライン=ヴェストファーレン州とアルプスのスキー場があるバイエルン州・バーデン=ヴュルテンベル州】にコロナ感染者数が集中的に多いのだと考察します。



今回の世界的感染症の痛みを受け、今後ドイツでもマスクを生産し一般市場でも流通し、必要な時に手に入る様になることを願っています。

コロナは本当に滅されるのでしょうか。インフルエンザの様にしょうがなく受け入れられるのでしょうか。
どちらにしても、コロナを患った人が回復できるお薬が必要です。

↓こちらの記事も読まれています↓

外出自粛中の過ごし方。家の自転車でできる運動不足とストレス解消法
コロナの影響が広がる中、外出自粛要請が出されています。自宅で暇しないようそして運動不足もストレスも解消するおすすめの過ごし方とは?!家にある自転車をお部屋の中に持ち込んで即席エアロバイクの完成。後輪にローラーを設置して室内ジムが実現しよう!
ドイツの今。新型コロナウイルスの影響|バイエルン州の法令①
新型コロナウイルスの猛威がドイツでもざわつき始めたのは3月に入ってから。3月6日(金)にはなんだかそろそろマジじゃないの、って雰囲気になりつつ1週間が経過しました。それからの様子と、国と州が決めた法令を紹介します。私がバイエルン州在住とい...
新型コロナウイルスの影響|ドイツ・バイエルン州の外出制限3/20
3月20日付でドイツのバイエルン州では外出に関する制限の法が発令されました。今回出された法を簡単にまとめました。近所のスーパーマーケットでの様子も紹介しています。一気に危機モードに突入したドイツは一変してゴム手袋をする人まで現れています。
ドイツバイエルン州外出制限中。やっていいスポーツダメなスポーツ。
コロナ感染拡大防止の為外出規制中のドイツですが、スポーツのための外出はOK。詳細は州によって違います。バイエルン州ではどのスポーツはOKでNGなのでしょうか。4月に入ってから日中は真夏のように天気が良く外に出たくてウズウズしているのでは!
コロナで外出制限中のドイツバイエルン州より街の様子をお伝えします
ドイツのバイエルン州よりコロナの感染拡大を抑えるための法的措置が4/19まで延長された中、4月に入ってからのスーパーマーケットや街の様子をお伝えします。外は桜も咲き始め春を迎えたドイツ。せっかく長い冬が終わったのに、早く外で自由に過ごしたい!

規制緩和についてはコチラ。
【速報】4/20よりドイツバイエルン州のコロナの規制措置が緩和。
ドイツコロナ速報】バイエルン州マスク着用が義務化。子供?罰金は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました