ホワイトアスパラ簡単レシピ紹介と茹で方の極意!ドイツの春の名物!

ホワイトアスパラの簡単レシピドイツ
この記事は約6分で読めます。

ドイツの春といえば、ホワイトアスパラ!
ドイツ語では、シュパーゲル(Spagel)と言います。(シュを強めに発音してね。)

5月のゴールデンウィークが一番の食べごろのホワイトアスパラガス。
この短い旬の季節にドイツにいたら、絶対に味わって欲しいい一品です。


この記事は、意外と知られていない ホワイトアスパラの食べ方 について詳しく書いています。

  • ホワイトアスパラの茹で方
  • ホワイトアスパラに合うソースの簡単レシピ

出回る季節・時期

ドイツ、ホワイトアスパラの簡単な食べ方レシピ


ドイツでは4月中旬から徐々に出回り始め、日本のゴールデンウォーク頃が一番の食べ頃のピークを迎えるホワイトアスパラ。
マーケットに行けば大量に山積みされている光景にも、季節を感じさせられます。

全体的には、早くて4月の中旬から6月の初めくらいまで売られています。

太くてずっしりとした、切り口がみずみずしいものを選びましょう。
値段は500gで3ユーロ〜6ユーロくらい。
太さや質よってもピンキリな値段がつけられています。

マーケットで買うと地元で採れたてのホワイトアスパラを見つけられます。
スーパーマーケットでもこの時期は同じようによく売られていますが、やはりマーケット(市場)と比べると質が劣りますね。

ホワイトアスパラガスの食べ方

ドイツ、ホワイトアスパラの簡単な食べ方レシピ


ホワイトアスパラガスは、茹でて食べるのが基本的な食べ方です。
まずは茹で方!
ホワイトアスパラは茹で方に最大のポイントがあるので、覚えていってください。

そして後半では、最もスタンダードで相性バッチリなオランデーズソースのレシピを紹介します。
 

ホワイトアスパラの茹で方

ドイツ、ホワイトアスパラの簡単な食べ方レシピ


実はアスパラガスを茹でるための専用の鍋というものがあります・・・。

立てたまま入れられるようになっています。
カゴ付きなので取り出すときにアスパラガスを傷つけることなくキレイに取り出せるところが便利なところ!

ホワイトアスパラはくったくたになるまで茹でるので、取り出すときに摘んだりすると形が崩れてしまうんです。
貴重なホワイトアスパラなので、お皿の上でもキレイに並べたいですもんね。


しかし我が家にはそんなこだわりの品がないので、深さが20cmちょっとあるくらいのお鍋を用意します。
普段このお鍋は、パスタを茹でるときに使っています。

茹でる為のレシピ

用意するもの。

ホワイトアスパラ1kgにつき
  • バター 25gくらい
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖 小さじ半分
  1. 深鍋にたっぷりのお湯を沸かす
     
  2. ホワイトアスパラの皮をピーラーで剥く
    季節だしちょっとお高めのホワイトアスパラなので、あまり剥くのはもったいない気もします・・・。
    が、結構しっかりと剥いておかないと、食べるときにせっかくのホワイトアスパラに筋が多く残って美味しく食べられません。
    思い切ってたっぷり剥いちゃいましょう。

    根元も鮮度を見て硬そうだったらしっかりめに切り落としてしまいます。
    目安としては、2cmくらい。
     
  3. 皮を沸騰したお湯で茹でる。
    ここがびっくりですよね。
    全部でなくてもいいですが、春雨スープの春雨くらいな感じの量を茹でます。(テキトーw)

    これは、次に茹でるアスパラ本体から美味しいエキスが出てしまわないように、先に純粋な水(お湯)に十分なアスパラエキスを先に飽和状態にさせておこうということだと思います。
    一定量の水に対して旨味が出ていってしまう量って、おそらく決まっているんだと思います。
     
  4. いよいよホワイトアスパラ本体を茹でる。
    先に茹でていた皮を菜箸ですくって取り出し、ここでバターと塩、砂糖をお鍋に入れます。
    茹でていた皮は、キレイに取り出さなくても大丈夫です。

    ホワイトアスパラガスをお鍋に立てて入れます。
    根元の方が茹で時間が長くかかるので、最初は頭が出ていてもOK。
    徐々にくたっとなってきて、最終的に頭で全体が茹でられるのが理想です。
     
  5. 茹で時間の目安は10〜15分。
    形を崩さないように注意して取り出す。
     
ドイツ、ホワイトアスパラの簡単な食べ方レシピ


 

茹で時間のヒント

ホワイトアスパラの茹で時間は、実物の太さによって異なるので一概には言えません。
目安は10分〜15分くらい。
硬さの目安は、お箸で持ったらくたっとなるくらいです。

ホワイトアスパラは、グリーンアスパラの様にシャキシャキ感を楽しむのではなく、噛まなくてもいいくらいしっかり茹でます。

 

ホワイトアスパラには、王道のオランデーズソース(レシピ)

ドイツ、ホワイトアスパラの簡単な食べ方レシピ
オランデーズソースの材料
  • ○エシャロット 1個
  • ○白ワイン 125cc
  • ○レモン汁 大さじ1弱くらい
  • ○胡椒粒 3個くらい
  • 卵黄 2個
  • バター 100g
  • 塩 ひとつまみ
  1. 小鍋に○を一気に入れて中火でじっくり煮立てます。
    エシャロットはみじん切り、胡椒粒は丸ごと入れます。
    エシャロットは、なければ玉ねぎでも代用可能です。
     
  2. 煮立っってアルコールが飛んだら、次に湯煎にかけるようのボールに網でこして移しいったん冷まします。
     
  3. 鍋にお湯を沸かし、湯煎の準備をします。
    バターは小さめに切ってから、電子レンジで溶かしておきます。
    2のボールに卵黄2個を入れて泡立て器で混ぜて馴染ませます。
     
  4. 湯煎にかけてます。
    ゆっくーーーりと泡立て器で混ぜながら、バターを少しず〜つ加えます。
    最後に塩ひとつまみとレモン汁を入れて、完成です。
     
ドイツ、ホワイトアスパラの簡単な食べ方レシピ


冷めると美味しくないので、ホワイトアスパラが茹で上がるまで時間がある場合は、あったまったオーブンに入れておくなど冷めないように工夫しましょう。

付け合わせ

ホワイトアスパラの付け合わせには、じゃがいもをホクホクに茹でたものや、サーモンの切り身がよく添えられます。
双方とも味付けはしないで、オランデーズソースと一緒に楽しみます。

2020年はドイツでホワイトアスパラは食べれるのか問題。

ホワイトアスパラの収穫は、主にルーマニアなどから季節労働者を雇って行われます。

しかし今年、2020年はコロナウイルスで人の往来を止めているドイツ。
ホワイトアスパラは予定通り植えられましたが、収穫に来てくれる人がいないのが現状です。

4月18日の今日、スーパーでホワイトアスパラが売られているのを見ました。
ギリシャから輸入されたホワイトアスパラガスが山積みで1kg=5ユーロで売られていたのに対し、地元で採れた立派なホワイトアスパラは本当に少ない量が1kg11ユーロで対面販売されていました。

農家の人たちが自力で収穫できるだけの量のみで、たくさんのホワイトアスパラが収穫されずに終わってしまうのかと思うととても心苦しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました