ドイツ語文法|不定詞の使い方&zu不定詞語句を使った表現のまとめ3つ

ドイツ語 zu不定詞の使い方ドイツ
この記事は約6分で読めます。

ドイツ語の文法の時間です。
一度習ったけど、「あれ・・?どうだったっけな?!」って時に文法の辞書みたいに振り返りにきてもらえるようなドイツ語文法コーナーを目指しています。

今日のLektionは、【zu不定詞】です。
そんなに難しくないけれど、とても便利なので是非使いこなしてください♪

スポンサーリンク

不定詞とは

不定詞とは、主語や述語、目的語になった動詞の語句です。
①「〜すること」、②「〜するための」、③「〜するために」などの表現の時に用いられます。
次の例文中、赤文字にしているところが、不定詞語句です。

①「〜すること」
 例)私の趣味は、本を読むことです。(Meine Hobby ist die Bücher zu lesen.)

②「〜するための」
 例)私は飲み物が欲しい。→私は飲むための何かが欲しい。(Ich möchte etwas zu trinken.)

※möchteに関しては、zu不定詞の例外として紹介していますが、この例文の場合はzu不定詞が成立します。
詳しくは、ドイツ語zu不定詞|zu+動詞の原形の例外6つ!zuが必要な時と不要な時 に書いています。

③「〜するために」
例)私はドイツ語を勉強するために、学校に行く。(Ich gehe zur Schule, um Deutsche zu lernen.)
 

zu不定詞の使い方

zu不定詞の使い方は、動詞の前に zu をつけるだけ。
【zu + 動詞の原形(Infinitiv)】です。

分離動詞の場合は、間にzuを挟んで一語とします。
例)anschauen → anzuschauen
 

※不定詞は動詞的役割を果たさないので、文が過去形になることによっての変化はあり得ません。
 angezuschautとかには絶対なりません!!

 

勉強するブタウサギ
勉強するブタウサギ

英語でいうところの「to 不定詞」のようなものだね。

キノコ
キノコ

そう!だけど、注意が必要だよ!
英語のto 不定詞と違って、ドイツ語のzu 不定詞は文やその不定語句の最後に置かれるよ!

 

zu不定詞の配置と使い方

まず、主語的な使われ方として例をあげます。
例)Viele Bücher zu lesen ist wichtig.(たくさん本を読むことは、重要です。)

これは、日本ではよくこのように表現されますが、ドイツ語ではちょっと周りくどいというか不自然です。
 

オサル
オサル

ストレートに言うと、こう!!!

“Es” を主語として仮において、次のように表現します。
●Es ist wichtig, viele Bücher zu lesen.(それは重要です、本をたくさん読むこと。)←直訳です。
 

zu不定詞の「〜すること」とよく似た使い方として、”dass”があります。
dassは英語のthatのようなものですが、省略することはできません。
また、dassは従属接続節ですので、主語が必要になります。

dassついては・・・(記事を書いたらここに貼ります。)


最初の例文のように主語的扱いをする時以外は、不定詞は文末に持ってきます。
不定詞語句の前には、コンマを使います。

上記のことを踏まえて、例文を見ていきましょう。

zu不定詞を使った例文

①Kuchen zu bachen macht mir Spaß. 
  ↓(主語をEsに置き換えます。)
 Es macht mir Spaß, Kuchen zu bachen.(ケーキを作ることは楽しいです。)(mirが入っているので、”私”がケーキ作りを楽しむことを言っています。)

②Er hat mir versprochen, morgen wieder zu kommen.(彼は、明日も来ることを約束した。)

③Warum haben Sie sich entschieden, Arzt zu werden?(あなたはなぜ医者になることを決めたのですか?)
 

前置詞とzu不定詞でさらに表現豊かになる語句3つ

um 〜 zu(〜するために)

目的を説明する時の不定詞として、【um 〜 zu】があります。

例)Ich gehe in den Biergarten, um ein Bier zu trinken.(私はビールを飲むためにビアガーデンに行きます。)
 

「〜するために」の表現は、「damit」も使われます。
damitについては・・・(記事を書いたらここに貼ります。)

statt  〜 zu(〜する代わりに)

〜する代わりに○○をする、と言う表現に【statt  〜 zu】があります。
【anstatt  〜 zu】も使われ、同じ意味になります。

例)Sie ist ins Kino gegangen, stattdas Raum aufzuräumen.(彼女は部屋を片付ける代わりに、映画館へ行った。)
 

「〜する代わりに」の表現は、「nicht 〜, sondern 〜」も使われます。
nicht 〜, sondern 〜については・・・(記事を書いたらここに貼ります。)

 

ohne 〜 zu(〜せずに)

〜せずに、〜することなく、〜なしで、などの表現に、【ohne 〜 zu】があります。

例)Sie ist ins Kino gegangen, ohne das Raum aufzuräumen.(彼女は部屋の掃除をすることなく、映画館へ行った。)

スポンサーリンク

まとめ

ドイツ語zu不定詞の基本的な使い方について説明しました。
まとめると次のようになります。

  • zu不定詞は、zu+動詞の原形(Infinitiv)で作られる。
  • 分離動詞の場合は、間にzuを挟む。(anzuschauen)
  • 配置は文末。(主語的用法の時を除く)
  • 不定詞語句の前には、コンマで区切る。

こちらの記事も読まれています。
時制について
[ドイツ語学習]時制につく前置詞は?使い分け使い方を超詳しく説明。
ドイツ語文法は【時制の一致】が不要〜な事についてわかりやすく解説。
ドイツ語文法wennとals◆違いと使い方を目からウロコのわかりやすさで解説

文の構造
ドイツ語文章の語順の自然な表現。Dativ,Akksativどっちが先?
ドイツ語複数接続詞[Doppelkonjunktionen]でより高度なドイツ語を!
ドイツ語接続詞|und等並列接続詞(Null-0- Positionen)の語順と使い方

冠詞がつく国名がある!
ドイツ語文法入門!国名や地名の冠詞について。前置詞の使い方も変わる

ごっちゃになるのを解決
Wie heißt das?とWas heißt das?意味の違い。ドイツ語質問が不明な件。
”Ein Haus” or ”Ein zu Hause”???
ドイツ語で“See”は湖?海?実は超簡単。冠詞でわかる使い方と見分け方
ドイツ語文法|分離動詞がNebensatzに来たら?動詞は分離するしない?
ドイツ語zu不定詞|zu+動詞の原形の例外6つ!zuが必要な時と不要な時

会話
ドイツ語で、初めましてからお別れの挨拶まで一覧◆これで安心、丸暗記フレーズ8選!
ドイツ語日常会話・挨拶フレーズ丸暗記!◆やりとり一覧

基本の文法
ドイツ語文法|不定詞の使い方&zu不定詞語句を使った表現のまとめ3つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました